橋本ひろしHPトップ > メールマガジン文庫 > 12月のハシモトヒロシです

Information

12月のハシモトヒロシです

管理者 

Aさんへ 

あなたのデモテープ聴きました。本来私自身、まだ自分の頭のハエを追えていない状態に加え、私の作品はモーツァルトやランボーを超えていると確信してますので人の作品に興味を持てないのですが、あなたが何回も下心いっぱいの私に(なんのこっちゃ?)危険も顧みず渡そうとする姿に惹かれ聴いてみることにしました。

過去、多々世に出たいという方の売込みが私にはありましたが、前述の理由で丁寧にお断りして来ましたが、実は他に理由があるからです。それをまず説明します。

殆どの方が自分を真ん中に置いて「世に出たい、有名になりたい、音楽が大好きです」と言ってきます。この時点でアウトです。あなたが有名になっても別に私に良い事があるわけでありませんから。

「橋本さん、私の曲聴くと幸せになれますよ」「橋本さん、今のうちに私に唾つけませんか?儲かりまっせ、ヒッヒッヒ」と、相手の立場で売り込みをかけることが肝要です。

実は仕事の世界もそうです。いろいろなベンチャーが売り込みにきますがたぶん無意識でしょうが「如何に自分が幸せになれるか、幸せになりたいから橋本さん金出してよ」的な売込みが多く怒りさえ覚えることがあります。

次にどうせ渡したならメールで良い(会うのは危険です、私の場合それだけで勘違いします)ですから追跡調査です。誠実な文章力も身に付けられ一石二鳥です。

またその時同席していたCさんも以前あなたからCDの売込みがあったみたいで、「ソウルが無い」と切り捨てていましたが「ヒールならハイテル」と切り返す根性が必要です。
でもアナタの歌唱力は大変ブラボーです。私の10倍はブラボー、ちなみプロは私の1000倍ブラボー、この間お店で歌っていた酔っ払いのおっさんは100倍ブラボーでした。(ちなみに私はその週のライブは休みました、ショックが大きくて)
歌唱力は二の次です!やはり個性でしょうね。ソウルも同様ですが、先ずは自分の全てを出し切れるまでどんな曲でも宜しいですから千回必死で歌ってみて下さい(私の作品はやめたほうがよいです10回目で吐きます)、全部出し切って下さい、抑えたら通じません。相手に伝わるような抑え方は大切ですが、それは全てを出し切ることが出来てからでないと通じません。また、自分の口から出た瞬間、その声はあなたのものでなく聴き手側のものだということをまだ気がついていないと思います。


長々と失礼!今週金曜日、あと最後の2回ライブです。反面教師としてお聞かせしましょう!

このページのトップへ