橋本ひろしHPトップ > メールマガジン文庫 > とりあえず景気の話の最後です。

Information

とりあえず景気の話の最後です。

管理者 

今日は私のライブです。景気抑揚のためお越しください。

ではどうすればよいか?あなたの景気の悪さは残念ながらあなたでは何もできないのです。国策を変えないとどうしようもありません。民主国家の日本は今や建前で成り立っており国民の力は全く無力なのです。

こうすればよくなるということを基本に立ち戻り行っていけばよいのですが、皆が無関心、非力、結果が出ない、既得権者の強靭という過去のトラウマが強く、益々皆の衆は息絶え絶えになっていくのでしょう。(煮蛙ですね、あたしもあなたも)

?

私なりの提案(といって政治家になるつもりは毛頭毛頭禿状態です)

そうはいっても貿易黒字国に戻さないとね(この数年、これからも赤字国です)、(日本は海外に結構資産を持っていて金融資産の配当を含むと黒字ですが、あなたには関係ないので省きます)

原発が無くなって化石燃料の輸入量は震災前に比べ4兆円くらい増えています。これは今回の消費税アップ分とほぼ同額です。赤字の大きな要因です。

?

電気は厄介です。使っていなくても発電し続けないとね。水やガスなら閉めれば良いけど。しかも電気は熱に変える仕事をさせるとえらい電気を食いますよね。

?

冬は19度、夏は27度の温度設定法律を作ってしまえばすごく節約になります。皆、どてらや下着になればよいのです。ユニクロが開発してくれます。

?

上記はほんの一例です。発想としての。要は経済力を落とさずに景気を良くする方法はいくらでもあるはずです。また生きるということを個人も企業も自己責任であることが大前提と基本に戻れば色々な規制が緩和され、社会がかなり合理化されると確信します。

?

ライブは合理化できません。感情優先です。本日お越しくだされ。

このページのトップへ