Information

ディックとビル

管理者 

すみません。メルマガ随分間を空けてしまいました。
前回は、戦争は我々の生活の一部を養っているようなことを書きましたが、もう少し引っ張って
みたいと思います。終戦記念日の月であった8月中に書きたかったのですが...。夏になると思い
だすのが、デイックとビルの二人のことです。ずいぶん前、アメリカで仕事をしていた時のビジ
ネスパートナーの名前です。
ビルはポーランドから不法入国、デイックはアングロサクソンでアメリカ生まれです。
ビルはアメリカ国籍取得目的でアーミーに入隊し、ベトナム戦争の最前線に立たされました。(当
時は軍に入隊するとアメリカ国籍をくれたそうです)。彼は当時のことを本当に絞り出すように
苦しそうに私に一度だけ話してくれたことがありました。ここでは書けないような悲惨な話がいっ
ぱいありました。その時のトラウマはとても激しく、私から見てもいつも影を引きずって生きてい
る感がありました。
デイックは朝鮮戦争の時、若手将校で後方部隊にいたようです。彼にはそんなに悲惨な経験はあま
り無いようで、懐かしそうに楽しそうに当時の話をしていました。ラックス石鹸一個で女性を調達
できたとか。エロエロもイロイロあったみたいです。
私から見ると二人とも完全なアメリカ人。夏の夜に3人でワイン片手に田舎のレストランのバルコ
ニーでそれぞれの過去を語り合いましたが、普通に生きてきたようにしか見えない彼らが命を張っ
てきたんだと改めて知り、自分の平和ボケが少し恥ずかしくなりました。生きる必死さのレベルが
根本的に違うんだと。
その時二人が共通して言っていたのは、「戦争はこれからもずっとなくならない。行けばわかる。
すごい武器の消費量だ、あれはビジネスだ」と。
夏が来るとなんとなく思い出されチト胸苦しくなります。
今週金曜日新会場でライブです。久しぶりです。来週は大阪です。次回はいつになるか決まってい
ません。希少価値があるような気がしています。ぜひお越しを

橋本 ひろし

このページのトップへ