橋本ひろしHPトップ > メールマガジン文庫 > 何のために生きているのか?という問いに対して。俺の答え。

Information

何のために生きているのか?という問いに対して。俺の答え。

管理者 

何の為に生きているかと言われれば青い鳥を追いかけているんだ。青い鳥は身近にある。

俺にとって青い鳥は今日という一日を精一杯生きて気持ちよく寝ることだ。
それ以外何も無い。
大体そんなことを考えたり、または明日に期待したり、目標持つと碌な事は無い。
窮屈になる。窮屈になればおのずと生き方が息苦しくなる。
子供たちを見てご覧、楽しそうに遊んでいるじゃないか。
大人になると欲が出たり、知識が身に付くから余計なことを考えたり、人の人生と無意識
に比べたり、将来を憂いてしまう。
子供たちが教えてくれている。今を楽しんでいることがまた明日も楽しめるんだと。
勿論先行き不安もあるかも知れないが、じゃあ思い悩むことが明日に繋がるかといったら
余計に繋がらなくなる。
また明日の為に今日準備してみたところであんた思い出してご覧、超能力者じゃあるまい
し自分の思った通りにことが進んだことはあるかい?
少なくとも俺にはなかった。
だから目標なんて持たずに、まぁ強いて言えば目安だと思えばいい。その程度はあった方
が良いかも知れん。
夢だってそうだ。見る分には楽しいことだから見たほうがいいが叶わないことが殆どだ、
だって夢だから。
俺は否定しているのではない。リラックスしてくれといっている。人間余裕がないと碌な
事は無い。
今日だけ精一杯生きていれば、必ず思いがけないところにチャンスはある。
ある意味人生なんて、どれ位思いがけないことがあったか、楽しいかだけだ。
夢はいつか叶うという言葉は好きだよ。
でもそれは、今話したことが出来る人に先ずは訪れるんだ。
また、精一杯生きるということは頑張ることだけではない。
どんな現象が生じても、お茶目に楽しくなるよう工夫する智慧のことなんだ。

橋本 ひろし

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

このページのトップへ