Information

中国の責任の重さ

管理者 

北朝鮮関連、きな臭くなってきましたね。中国の覇権主義と無作為がここまで北朝鮮をオーバーランさせてしまいました。私如きがあくまでもビジネスマンの観点で申し上げれば、戦争など起きえなかった、むしろアメリカの軍産複合産業業界にとったら中東に並ぶ美味しいマーケット、しかも独占できる市場ですから(中東はNATO加盟国やロシアがあり、飛行機はじめ色々武器を作っていますからアメリカは独占できないのです)北朝鮮が狼少年状態であることは日本含む膨大な武器関連ビジネスをエンジョイし続ける為には狼少年でなくなったら死活問題になるくらい大切であったのです。

中国は見誤りました、南シナ海等に目を向け、たいして利益の無い北朝鮮をぞんざいに扱い過ぎました。

テレビやメディアはこの観点から全く議論されていません。アンタッチャブルなんですかね。俺大丈夫かな...。

でも結論!起きやしません。資本主義がプロフィットセンターをそうたやすく手放さないでしょう。正義の御旗の元、何らかの形で北朝鮮に献上品差し出すでしょうね。

北朝鮮の核は、中国の責任で癌増殖させてしまったのですから、上手く付き合っていかなければいけない時代の体になったのです。

  • メールマガジン文庫
  • 橋本ひろしとは?
  • ディスコグラフィー
  • スケジュール
  • 動画配信
このページのトップへ