橋本ひろしHPトップ > メールマガジン文庫 > 拝啓 稲田防衛大臣殿

Information

拝啓 稲田防衛大臣殿

管理者 

貴殿は、われわれ経営者の夢の世界を言い放って下さいましたし、普段もそう思っていらっしゃるのでしょう。夢の世界の言葉、それは「公私混同」を公の人が言ってのけた!!公務と党務と個人をごちゃ混ぜにして公の場で言い放つ、いやいや中々の大物ぶり発揮ですね。嫉妬さえ覚えます。

経済の世界では、そのようなことをしますときつく罰せられます。また貴殿は、経営者の憧れと言う面と、サラリーマンの鏡のようでもあります。上だけを見て、国民や隊員を見事に見ていない。自衛隊員の皆様が貴殿に一糸乱れぬ敬礼をされているのを見ると、義理で来ている私のライブのお客様と重なり、かなり辛いものがあります。

どうかお辞めになってください。あなた一人にはしません。私もライブやめます。トホホ。

?

皆様、七夕ライブ是非お越しください。最後になるかもしれません...、ならんだろうな。厚化粧の稲田さん次第だ。

  • メールマガジン文庫
  • 橋本ひろしとは?
  • ディスコグラフィー
  • スケジュール
  • 動画配信
このページのトップへ