橋本ひろしHPトップ > メールマガジン文庫 > 時限爆弾のボタンは押されました

Information

時限爆弾のボタンは押されました

管理者 

南北首脳が板門店であーやらこーやらと雪解けムードを演出してますが...、あれは虚飾です。

あの北の指導者の頭の中は身の保全と体制維持のみ、です。そのためだったら何でもやると思います。超裏切りも殺戮もそして核ボタンも。

一番彼が恐れているのは、3000万以上の国民が「気付く」ということです。毎日監視の目と密告と恐怖と怯えと死と同居しながら60年以上北朝鮮の人々は生きてきました。

今回の南北会議や習近平さん、トランプさんと話し合うことを本当に実行したら、情報遮断されてきた北朝鮮の人々は一気に自分たちのみじめさに「気付く」でしょう。

ただでさえ一部の人々はITにより気が付き始めているのですから。60年以上溜まりに溜まった血のダムは一気に崩壊し、金王朝は最後のあがきとして人々の大量の殺戮や日本を含めた周辺諸国も巻き込み、最後は核ボタンも押すでしょう。「こうなったのは日本やアメリカのせいだ」超エゴ責任転嫁をして...。

多くの評論家は経済制裁が効いたと言っていますが、全く間違いです。インターネットが彼を追い詰めているのです。解決策は?ないですね。時限爆弾のボタンは押されました。

  • メールマガジン文庫
  • 橋本ひろしとは?
  • ディスコグラフィー
  • スケジュール
  • 動画配信
このページのトップへ